時代は、未来に向けて新しく動き出す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前原氏、筋書き通り出馬か?

<民主代表選前原氏、追い込まれ出馬
毎日新聞 8月22日(月)22時10分配信

 前原誠司前外相(49)が菅直人首相の後継を選ぶ民主党代表選に立候補する意向を固めたのは、事前に準備した政権獲得戦略に基づくというより、出馬せざるを得ない状況に追い込まれ、カジを切ったというのが実態だ。周囲やグループ幹部にはぎりぎりまで「準備が整っていない」という慎重論もあった。ただ、経歴、知名度などから、党内には前原氏を本命視する見方が強い。これで代表選の構図は変化することになり、他候補は戦略練り直しも迫られそうだ。【野口武則、小山由宇】

【よく分かる】前原氏の所属派閥は?野田氏との関係は?民主党内人脈図

 ◇「1年後に選挙の顔」戦略崩され

 前原氏は周辺に「今回は静観する」と繰り返してきた。今月下旬に訪韓、来月上旬に訪米の計画を組んでいたことからもそれが本心だったことがうかがえる。今月2日には、党内中間派の若手十数人に招かれた会合で「次の次の代表選が大事だ」と語っていた。

 前原氏の政権獲得戦略は、今回は野田佳彦財務相(54)を支援、来年9月の代表選に勝利するというものだった。増税と大連立という選挙向けではない課題を「野田政権」に託し、一定のメドが付いた段階で「選挙の顔」として無傷で登場する思惑もあった。大連立に関して「1年限定」と繰り返し主張したのもこのためだ。

 前原グループ幹部も「次期首相はセットアッパー(中継ぎ)で、抑えの切り札は前原氏だ」と解説していた。

 ところが、この路線は早々につまずく。増税への党内の反発が強いだけでなく、大連立への自民、公明両党の対応も芳しくない。新首相が来年9月まで持たずに衆院解散・総選挙に追い込まれ、民主党が政権から転落する可能性も十分あるという分析が浮かんだ。

 「次の次を目指したら民主党政権で4人目の首相になる。我々が批判してきた自民党と同じになる」

 18日の前原グループ会合では、新人衆院議員からこんな「正論」に合わせて前原氏に出馬を求める意見が陳述された。選挙基盤の弱い若手議員を中心に党内で野田氏への懸念が広がるのと並行して、前原氏への期待が高まったことが背景にあった。

 先週末には前原、野田両グループの新人衆院議員数人が、共同で前原氏に出馬要請をする場面を作る方向で動き始めた。前原氏は親しいグループ幹部に「引くも地獄、進むも地獄だ」と漏らした。

 一方、前原氏が出馬に慎重だったのは、外相辞任(3月)につながった外国人献金問題が再燃しかねないという懸念もあった。前原氏出馬に対し、閣僚の一人は「国会がメタメタになる。新しい問題が出てきたら予算委員会がもたない」と顔を曇らせた。

 実際、自民党は手ぐすねを引く。山本一太参院政審会長は22日の記者会見で批判した。「外国人献金問題で十二分な答弁ができずに半年前に外相を辞めた方が、代表選挙に出るのはおかしい」

 ◇「反小沢」VS「親小沢」浮上

 「甘い代表選じゃなくなった。反小沢と親小沢の血みどろの争いになる。我々のような中間派なんて吹っ飛んでしまう」。樽床伸二元国対委員長(52)に近い若手議員は前原氏出馬をこう評した。

 代表選はこれまで、現執行部路線を引き継いで増税、大連立を主張する野田氏と、その他候補という構図とみられていた。ところが、前原氏は「円高が進み、電力供給も厳しい時に復興増税ができるわけがない」と主張、大連立についても「争点にすると自民党を利する」という立場だ。社会保障政策でも海江田万里経済産業相(62)、鹿野道彦農相(69)との違いは少なく、政策的な対立点は薄まっていきそうだ。

 それに代わる形で浮上したのが小沢一郎元代表の処分問題。海江田氏、馬淵澄夫前国土交通相(50)らが処分見直しに言及した。これに対し、前原氏は18日、グループ会合で「カネで子分を集める政治手法は許してはいけない」と表明。元代表が念頭にあるとみられ、21日には処分維持の考えを示した。

 政策面の争点がぼやける「反小沢対親小沢」の戦いは、菅首相と元代表が争った昨年9月の代表選の再来だ。しかし、東日本大震災の復旧・復興、エネルギー問題など課題山積の中、政策よりも党内の主導権争いを優先させるようなことになれば、民主党に批判が集まるのは必至だ。

 このためか、前原氏と元代表の接点を探るかのような動きも出始めた。前原グループ幹部の仙谷由人官房副長官は22日、国会内で元代表と近い輿石東参院議員会長と会談。輿石氏を通じて元代表との会談を探っているとの見方も出ている。「小沢さんは19日に『鹿野はだめだ。海江田はタイミングを逸した』と言っていた。処分解除など、どうでもいい。前原氏と会談することもあり得る」。小沢グループ幹部は語った。




予定どおりのことでしょう。




人気ブログランキングへ
ご声援有難うございます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
拝金戦争狂米軍幇間スパイ小泉が壊した日本人の品格
[小泉が壊した日本]

>【話題の記事】東大・児玉龍彦教授:「国会は機能不全に陥っている」 - 毎日jp(毎日新聞) http://t.co/ZxJV6Zn

さもありなん。今の国会議員は全員が霞が関泥棒官僚組織の手先に過ぎないからね。くだらぬ政局ごっこをしているうちに霞が関立案の国益を盗んで省益にすり替える泥棒詐欺政策が次々に国会審議なしで通っていっているのがその証拠である。

国会を機能させようと思うなら日米地位協定を破棄可決し内閣不信任案を可決するしか手はない。

>国民が本当に求めているのは「人気がある政治家」ではなく「実行力がある政治家」である。
>「口がうまい政治家」ではなく「覚悟を持った政治家」である。
(「内ゲバ勃発・・・民主党代表選の行方」政経徒然草さま>>http://haru55.blogspot.com/2011/08/blog-post_23.html

年間4400万円の議員報酬(税金)と3人の公的秘書(3人の年収総額2000万円)と様々な議員特権が与えられた日本の国会議員・・・
▼ 国会議員が本来果たすべき役割
(1)立法
1)法律を起案し国会に提案する
2)法案を審理し採決する
3)国会が承認した法律が実際どのように運営・施行されているかを検証する
(2)予算
1)政府提案の予算案を審理する
2)政府提案の予算案を採決する
3)国会が承認した予算案が実際にどのように使われているかを検証する
(3)行政監視
1)各省庁の日々の行政がうまく運営されているかを監視する
2)官僚の不正、不作為、職権乱用、国民財産の横領、国民財産への損害、外国への利益供与などの違法行為を監視する
3)国民生活のために安価で効率的な行政運営と行政組織を考え内閣に提案する
(>杉並からの情報発信ですブログさまから抜粋転載>>http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/82eb82ac3b151cf458e7a59dcfdb77bb

今国会議員のやるべきことをやっている国会議員はひとりもない。この期に及んでも未だ日本復興のかけらもみえず戦争狂米軍幇間スパイ小泉がもたらした醜悪下劣な国会不在の棄民亡国法匪官僚マスゴミファッショ腐敗政治が放射能と同じく日本じゅうを死毒で席巻している。
2011/08/23(火) 19:31 | URL | 通りがけ #-[ コメントの編集]
得手に帆あげて
>原発・電力問題、なにも難しくはない ~論点を整理すれば自ずと答えがでてくる
(Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/08/post_2181.html
>中日新聞2011.8.22
> 「 日本経済を守りながらの脱原発 」という選択肢はちゃんとあるはずである。
>・・・ 政治は考え得るあらゆる選択肢を示すべきだ。それでやっと、私たちは手を挙げることができる ・・・

今の日本国の最大の問題は対米敗戦後の独立回復にある。
対米独立しなければ、大正昭和期にはじまり対米敗戦で終結した対中国侵略戦争で中国大陸内の日本軍戦争残虐行為についての総括を適正に行うことも難しい。
かたや原爆は米国の戦争残虐行為そのものであり、極東軍事裁判で裁かれるべきものであったが、軍事力という暴力に物を言わせて戦後66年間米国が国連で総括を封じ続けてきているに過ぎない。いまや世界一のテロリスト国家と呼ばれるまでに成り下がった米国との地位協定は、日本にとって直ちに破棄すべき唾棄すべき奴隷契約である。

原発推進か脱原発か、の一見エネルギー政策にみえる現在問題も、さらに夾雑物を取り去ってゆけば畢竟原爆被爆の問題に帰属し、対米独立するか否かの問題ひとつに帰趨することはこどもにもわかる道理である。

われわれ大人は先祖より預かり子孫へ渡してゆく宇宙にかけがえなき地球を、こどもにもわかる道理を堅固に守る道徳心を世に明らかにしつつ守ってゆかなければならないのである。
「得手に帆あげて」。
2011/08/24(水) 11:14 | URL | 通りがけ #-[ コメントの編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/24(水) 20:42 | | #[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前原氏のマスコミの全面支援を当てにした出馬は、公約反故「国民の生活」無視路線の表明だ

マスコミの全面支援を当てにした出馬は、「国民の生活」無視だ。今朝のTV朝日モーニングバードでも、前原氏の出馬を本命と報じていた。本日8月22日(火)日経新聞1面は見出し:「前原氏出馬きょう表明・民主代表選 29日に投開票」の記事を載せ、その中で「前原氏は仙石由?...
ようこそ私のブログへ!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

聖徳太子

  • Author:聖徳太子
  • 安倍さんは

    集団的自衛権の行使

    で日本の若者を

    戦場に送る計画だ。

    おまけに日本経済も

    破綻させる計画だ

    もはや日本は悪魔に

    魅入られている。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
天気予報

人気blogランキングへ
↓クリック、ありがとう!↓

FC2Blog Ranking

ブログ村にも寄ってね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログラム
blogram投票ボタン
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
412位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
188位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
人気ブログランキング入口

人気ブログランキングへ
現在のランクキング
マーケット情報
日めくりカレンダー
週間天気

放射能測定
リンク
RSSフィード
FC2サイト集
FC2ブログランキング

アフィリエイト・SEO対策

カウンター


ホームページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。