時代は、未来に向けて新しく動き出す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会員の妻を持つ民主党の前原氏が創価学会員の通夜に参列

池田氏側近から関西トップに 学会副理事長西口良三氏はどうやって「常勝関西」をつくり上げたのか

 「西口君はわが盟友。幾多の激戦にあっても大関西の同志とともに勇み立ち、世界の同志が模範とする師弟勝利の不滅の金字塔を打ち立ててくれた。誉れ高き常勝の大英雄として、みなが、常に仰ぎ見るだろう」

 前原氏は通夜に参列した後、「(選挙区がある)京都は自民、共産もいて選挙では西口さんにお世話になった」と応じた。晩年の西口氏と何度か会食をともにしたというある野党幹部は「政治家ではなかったが、大物政治家の風格があった」としのんだ。

 ちなみに、通夜、葬儀で小沢氏の姿を見ることはできなかった。(政治部 村上智博)
 西口氏が運転手だったころのエピソードを、同氏と60年の付き合いがあった学会の秋谷栄之助・最高指導会議議長は17日、通夜の席で「池田先生を間違いなくお乗せするのにどれほど苦心されたことか」と語り、「池田先生の信頼は絶対で、西口さんは真正面から応えていた。それが今日の常勝関西の歴史だ。常に師匠のために、という純粋な心があった」と振り返った。

 西口氏は学会の関西男子部長、大阪長などを経て、関西の束ね役である関西長を21年間、さらに11年近く総関西長の役職にあった。当然、学会が全面支援する公明党候補の浮沈がかかった選挙では、関西でにらみを利かす西口氏が選挙の支援対策を練り上げねばならず、いきおい、その手腕が磨かれていった。

 西口氏に近い学会幹部は「大きな選挙が始まると街頭演説に出かけていって、観衆の反応ひとつで『この選挙はいける』『いけない』と即座に読んだ」と述懐する。公明党創価学会の支援を希望する候補者が党派を超え、西口氏に面会を求める様子は後に「西口詣で」、あるいは総関西長の役職を縮めて「総関詣で」といわれるほどにもなった。その判断は手堅く、池田氏が周辺に「西口君は名指揮を執ってきた」と漏らしたこともあったという。

 普段の西口氏は物静かだが、世話好きで知られ、200組以上の仲人を務めた。就職や人生相談にも時間を惜しまなかった。
 永田町では、小沢一郎氏との関係が有名だ。

 小選挙区比例代表並立制が導入された平成8年の衆院選で、当時の新進党は大阪で旧公明党関係の候補を多数擁立、当選させた。西口氏が、党首だった小沢氏と調整した結果だったとされている。大阪を中心とする関西で公明党が選挙区で当選できるのは、そのときから固まったといえる。

 9年末に新進党が解党、旧公明党関係者が独自の政党を結成する中、8人の旧公明党は別行動を取り、小沢氏が結成した自由党に入った。このうち5人が関西の議員で、西口氏が小沢氏に配慮したといわれた。

 しかし、この5人は後に新しい公明党の結成とともに自由党を離れた。「西口氏は小沢氏の神通力が弱まっていると判断した」(学会関係者)とされるが、その後も小沢氏との関係は続いていたともいわれている。

 最近の西口氏は、病床から4月の統一地方選を気にかけたという。

 通夜の席では、現在の関西長、山内洋一氏は「入院中の西口さんをお見舞いに行くと開口一番、各地の今の(選挙の)状況はどうかと問われていた」と話し、「勝利で応えることが何よりの恩返しだ」と勝利を誓った。

 山内氏の代読による池田氏の弔辞も読み上げられた。
 「西口君はわが盟友。幾多の激戦にあっても大関西の同志とともに勇み立ち、世界の同志が模範とする師弟勝利の不滅の金字塔を打ち立ててくれた。誉れ高き常勝の大英雄として、みなが、常に仰ぎ見るだろう」

 前原氏は通夜に参列した後、「(選挙区がある)京都は自民、共産もいて選挙では西口さんにお世話になった」と応じた。晩年の西口氏と何度か会食をともにしたというある野党幹部は「政治家ではなかったが、大物政治家の風格があった」としのんだ。

 ちなみに、通夜、葬儀で小沢氏の姿を見ることはできなかった。(政治部 村上智博)


創価学会員の妻を持つことは、池田名誉会長に絶対服従になることですか?まぁ、どうでもいい事ですが。


 
FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ
ご声援有難うございます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ようこそ私のブログへ!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

聖徳太子

  • Author:聖徳太子
  • 安倍さんは

    集団的自衛権の行使

    で日本の若者を

    戦場に送る計画だ。

    おまけに日本経済も

    破綻させる計画だ

    もはや日本は悪魔に

    魅入られている。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
天気予報

人気blogランキングへ
↓クリック、ありがとう!↓

FC2Blog Ranking

ブログ村にも寄ってね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログラム
blogram投票ボタン
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
122位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
人気ブログランキング入口

人気ブログランキングへ
現在のランクキング
マーケット情報
日めくりカレンダー
週間天気

放射能測定
リンク
RSSフィード
FC2サイト集
FC2ブログランキング

アフィリエイト・SEO対策

カウンター


ホームページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。