時代は、未来に向けて新しく動き出す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公明党も排除の対象か? - 野田・谷垣の極秘会談

公明、民自接近を警戒=衆院選戦略練り直しも-極秘会談

 野田佳彦首相(民主党代表)と自民党谷垣禎一総裁が極秘会談したことに、公明党が警戒を強めている。「話し合い」による衆院解散や、次期衆院選後の「大連立」をにらんだ動きが公明党抜きで進めば、参院でキャスチングボートを握る同党の存在感が低下するのは確実なためだ。国会対応や選挙戦略の練り直しにもつながりかねず、執行部は神経をとがらせている。
 「事前も事後も谷垣氏から連絡を受けていない」。公明党幹部は2日、首相と谷垣氏による先月25日の会談についてこう語り、自民党への不信感をあらわにした。
 公明党は政権交代後も、国会での自民党との共闘関係を維持。次期衆院選でも同党との選挙協力を進める方針だ。一方、民主党の主要政策見直しでは民自公3党協議の枠組みを形成し、鋭く対立する民自両党の「橋渡し」役を担っている。与野党勢力が逆転した参院で第3党の立場を生かし、影響力を及ぼし続けるのが公明党の基本戦略だ。
 民自接近は、こうした立場を脅かしかねない。政治の停滞状況を一気に打開するため、首相がこれまで協力を期待してきた公明党に見切りを付けて谷垣氏との直接交渉に臨んだとすれば、公明党は「蚊帳の外」ということになる。
 「解散するから話し合いに応じる、ということは原則としてない」。同党の井上義久幹事長は2日の記者会見で、極秘会談でテーマになったとみられる話し合い解散をけん制した。
 野党が消費増税関連法案の成立に協力する代わりに、首相が解散を約束する話し合い解散に、公明党は否定的だ。「増税反対のみんなの党などに批判され、選挙が不利になる」(中堅)とみているからだ。赤字国債発行を認める特例公債法案との取引であれば、増税批判を受けずに解散に持ち込めると判断。公明党幹部は「『公債法案を通してくれれば解散する』と首相が言うなら、うちは受け入れられる」と強調する。
 ただ、「野田谷垣会談」では同党の意向は反映されなかった可能性もある。「話し合い解散で民主党自民党も党内をまとめられるのか」。トップ会談の詳細を把握できないもどかしさもあり、公明党内には疑心暗鬼が広がっている。(2012/03/02-19:35)




公明党は、日本にもともといらない政党だからいいんじゃない。宗教政党だしね。




人気ブログランキングへ
ご声援有難うございます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
極秘会談という茶番
「野田谷垣極秘会談の内容を推理する」

いかりや爆様へのコメント
>>http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/006420e1d54ba350b17eb2bc293cc821

極秘会談の本当の内容は憲法改正の談合 (通りがけ)
2012-03-02 20:16:57
>>先週土曜日(2/25)、二人で極秘会談をしていたことがわかった。谷垣氏も、自公政権時の財務大臣で消費税アップ論者である、無論、野田も同じ。二人は裏で手を握り、国会の場では、何食わぬ顔してイカサマ討論をやった。<<

話し合い解散などあり得ないし、野党なら何度でも不信任案を出せば下手な鉄砲でも馬鹿内閣なんだからすぐに解散に追い込める。
そんな話を極秘にやる必要はどこにもない。

与党も野党もアメぽち議員ばかりだし憲法違反政党公明党はできたときからアメリカCIAスパイが作った政党だ。

今アメリカは自衛隊を対中国戦争の最前線にたたせるべく、自衛隊の集団自衛権行使を国会決議させようと日本国会議員に圧力をかけて工作している。公明党なんかは嬉々として憲法改正に賛成する。当たり前です、現在まさに憲法違反の政教一致政党なんだからね。その公明党が谷垣野田秘密会談に不快感を示したなんて、茶番中の茶番の猿芝居だ。

今後の国会でまず自民党が、集団自衛権で自衛隊がアメリカの戦争に参戦できるような憲法改正案を提出して(参照「自民がケツ捲くってきた ~第2次憲法改正草案」Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/02/post_2306.html)、それを野田民主党政府がTPP参加と消費増税に自民党が賛成決議することを交換条件にして、民主党と公明党が自民党憲法改正案に絶対多数で賛成して丸呑みするという、全員アメぽちスパイ国会議員によるアメリカの国益のために改憲して、日本人にアメリカ製の武器を使わせてアメリカの作り出した戦場で無駄死にの血を流させる、国民を裏切り日本国憲法を破壊する国家反逆の大犯罪国会運営を目論んでいるのだろう。

まあ極秘会談などと隠したって見え見えですよ、野田ブタ公約破り三百代言憲法違反棄民テロ犯罪者アメぽちスパイ政府のブタ知恵なんぞ。
2012/03/03(土) 00:13 | URL | 通りがけ #-[ コメントの編集]
地位協定破棄して日本国憲法改正
「地位協定破棄して日本国憲法改正」

>「自民がケツ捲くってきた ~第2次憲法改正草案」Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/02/post_2306.html

日本国憲法の不備というエントリーテーマですので、私が考える日本国憲法の不備について述べたいです。

私は日本国憲法はほぼ完成形だと思っています。聖徳太子の「和を以って貴しとなす」「万機公論に決すべし」の十七条憲法の精神がほぼ全面的に真髄として含まれているからです。聖徳太子は「篤く三宝を敬え」にみられるように仏教徒であり、同じ仏教徒のガンジーの言葉と通じるところが多いですが、仏教の修行者としてはガンジーをはるかに上回る悟りを体得していたと考えられます。

話が横道に逸れたので修整します。私には日本国憲法に付け加えたら今よりもっと完成形に近づくと考える条項があります。それは「善きサマリア人の法」条項です。これを加えることによって正当防衛の権利が憲法に付与される。国家の正当防衛としての危機管理が憲法によって認められることになり、小沢氏の言う危機管理条項不在が解消されると考えます。
そしてこれがあれば防衛戦力を保有して永世中立国宣言もできますし、日本上空をミサイルが飛行しているのを認めて他国が攻撃を受けぬよう日本上空で自国のミサイルでこれを撃ち落としても他者を危険から守る善意から発した行いだから憲法違反になりません。

まー憲法条文に関しては義務教育の社会科で習っただけの私ですが、それだけでもう何十年も日本人勤労社会人をやって来ましたからね。実践法知識経験は充分でしょう。

(以上、ふじふじのフィルターさまの
「2012年3月 1日 (木)
第2回小沢一郎勉強会で、日本国憲法にはいろいろ不備があるとわかった。」
>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/2-be63.html
に投稿したコメントにちょっと加筆したものです)

追記:
私が合衆国憲法の下で結ばれた日米安保条約本体ではなく、米国軍法の敵国占領統治規定である日米地位協定のみを破棄せよと主張するのは、アメリカにおおっぴらに対日本宣戦布告をさせるきっかけを与えないためです。
小泉政権時代にアメリカに宣戦布告されて侵略蹂躙占領されたイラクやアフガニスタンの覆轍を踏まぬように。
日米地位協定の国際法違反、安保理決議違反は明らかですから、安保条約の規定にかかわらず日本国はフィリピンが米比基地協定を国会で一方的に破棄決議したとおなじように、日米地位協定を一方的に破棄できます。

今アメリカの白人至上主義の武器商人たちは911後に宣戦布告したアフガニスタン・イラクにつづいて、イランに宣戦布告しようとしています。
>「欧米はイランの言う事に耳傾けず一方的に核疑惑を叫ぶ」神秘の杜さま
>>http://ameblo.jp/mo-014925/entry-11181142467.html
これは先のリビア侵略で英仏両国に石油利権を先取されて白人至上主義悪徳ペンタゴンが十分な略奪ができなかったため、対中国戦争開戦までのつなぎの侵略標的としてイランに狙いを定めたものでしょう。
そして、集団自衛権を日本国憲法に書き込ませる米軍人工作員による国会工作を急ぐのは、この対イラン開戦時に自衛隊を米軍の弾よけとして最前線に送り込むためと考えられます。
また同時にこの国会工作によって国会での地位協定破棄決議を動議すらさせないように抑え込む目的もあるでしょう。

たとえ一度でも自衛隊が外国領土で武器を使用して外国の人々を殺傷すれば、その瞬間からもはや日本は平和憲法国家ではなくなり、アメリカと同じうす汚い戦争犯罪国家となってしまいます。

また未曾有の震災と放射能拡散テロ官災からの憲法に基づく復興も米軍が地位協定治外法権で強圧して弾圧妨害しています。

事態は切迫していますが、国会は小泉に破壊されてまったく機能しないとすれば、国民が主権を行使できるのは国民投票しかありません。

国民投票は市町村住民投票の総和ですから、まずは米軍基地被害に苦しむ沖縄県の市町村と本土(地方差別感満載ですが単に地図上の言葉として用います)の米軍基地所在市町村で日米地位協定破棄の住民投票を行い、賛成票数反対票数を改変できぬよう厳正厳密に記録して積み上げてゆけばよいと考えます。これは国民主権を謳う日本国憲法に照らして完全に合憲ですから。

「世界平和を守り、世界中の人々を悪徳ペンタゴンが策謀する戦争殺人の被害から守るために、扶桑の島々に住み平和をなによりも貴ぶ日本人はただちに日米地位協定を破棄しよう」
2012/03/03(土) 04:45 | URL | 通りがけ #-[ コメントの編集]
野田政府史上最悪の憲法違反
【野田政府史上最悪の憲法違反】

▼「事態の切迫」▼Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさまへの投稿
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/02/post_2306.html

先に
>>たとえ一度でも自衛隊が外国領土で武器を使用して外国の人々を殺傷すれば、その瞬間からもはや日本は平和憲法国家ではなくなり、アメリカと同じうす汚い戦争犯罪国家となってしまいます。

また未曾有の震災と放射能拡散テロ官災からの憲法に基づく復興も米軍が地位協定治外法権で強圧して弾圧妨害しています。

事態は切迫しています<<

と述べた「▼事態の切迫▼」とは長周新聞2012年2月22日付(2)面からタイプ転載した次の報道事実による「切迫」であります。

【陸自南スーダンへ】石油利権狙うアメリカの要請
    PKO派遣「危険な紛争地帯」
 ▼野田政府が国連平和維持活動(PKO)として陸上自衛隊を派遣しているアフリカの南スーダンでは、昨年7月の独立以前からの紛争が継続している。安全確保ができないことを理由に、ロシアのPKO部隊は4月1日までに完全撤退することになった。自衛隊の施設隊の主力約120人は20日に現地入りした。紛争地といえる南スーダンへの自衛隊派遣は、現地の石油資源の利権を持つアメリカの要請であるため、いかに危険であろうと政府は派遣中止はおろか、一時見合わせの命令すら出すことができないありさまだ。▼(以下略、記事全文はここの前コメント中にあります)

この完全武装のロシア「軍」すら撤退する危険な紛争地帯への陸自派遣が本当にPKO(国連平和維持活動)といえるでしょうか。小泉の詐欺口舌をもってしてもそんな見え透いた大嘘は口にすらできないでしょう。

これこそが、日本の自衛隊に危険な紛争地帯の戦場で血を流させて、日本国内世論に火をつけて記者クラブマスゴミに扇情報道させ、第九条を破棄してアメリカ軍の戦争に日本が自発的に自衛隊を参戦させる集団自衛権を是とする世論形成工作の、第一段階に着手する狙いを密かに含む策謀国アメリカの要請に基づく、日本国現行憲法違反を犯す偽のPKO派遣なのです。

派遣先の南スーダンで日本人にしろスーダン国民や南スーダン国民にしろ戦場に持ち込まれた「武器(殺人専用機械)」で人の血が流れれば、アメリカの思うツボにはまってしまうことになりかねません。流血に対して激情するのは人間をはじめ動物の本能ですから、これを流血発生後に鎮めることは容易なことではない。

そもそも陸自は工兵隊を有し日本国内では災害救助派遣の先頭に立つ立場です。日本国内が大震災からの復旧に難渋している今まさにこの時に、遠く海外の紛争危険地帯に陸自を優先的に派遣しなければならない国内事情はひとつもない。未曾有の災害に国民が苦しんでいるまさにこの時に、日本国現政府はいったい何をやって居るのか。

この陸自海外紛争危険地派遣こそまさに露骨きわまる憲法違反売国棄民テロ政策戦争犯罪の最たるものであり、仮にも陸自が巻き込まれて戦争の当事者になれば現政府の犯した罪業の罪深さはアメリカ軍と並んで人類史上最悪と呼ばれることでしょう。

【日本国民はただちに地位協定を破棄し、ニセPKOで紛争危険地帯に追いやられた陸自隊員を全員ただちに日本へ撤退帰国してもらいましょう】
2012/03/03(土) 16:16 | URL | 通りがけ #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ようこそ私のブログへ!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

聖徳太子

  • Author:聖徳太子
  • 安倍さんは

    集団的自衛権の行使

    で日本の若者を

    戦場に送る計画だ。

    おまけに日本経済も

    破綻させる計画だ

    もはや日本は悪魔に

    魅入られている。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
天気予報

人気blogランキングへ
↓クリック、ありがとう!↓

FC2Blog Ranking

ブログ村にも寄ってね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログラム
blogram投票ボタン
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
368位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
177位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
人気ブログランキング入口

人気ブログランキングへ
現在のランクキング
マーケット情報
日めくりカレンダー
週間天気

放射能測定
リンク
RSSフィード
FC2サイト集
FC2ブログランキング

アフィリエイト・SEO対策

カウンター


ホームページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。