FC2ブログ

時代は、未来に向けて新しく動き出す。政治も新たな展開へと動き出しました。

  新時代創造・政治情報局のナビゲーター   トップページ > 2012年05月  

茶番劇の野田・小沢会談は物別れ、全くの時間の無駄!

2012 - 05/31 [Thu] - 00:15

野田・小沢会談は物別れ、消費増税法案で協力得られず
ロイター 5月30日(水)16時26分配信

[東京 30日 ロイター] 野田佳彦首相は30日、民主党本部小沢一郎元代表と会談し、消費増税法案への協力を要請した。しかし小沢氏は増税の前に地域主権を目指した行政改革や社会保障の理念の実現、日本経済の再生などが必要だと主張、法案への対応で合意を得ることはできなかった。

今国会の会期末まで1カ月を切るなか、2回目以降の会談は決まっておらず、与党内の合意形成は不透明さを増している。こうしたなか、前原誠司政調会長は「しかるべき段階では与野党協議を始めたい」としており、修正協議で野党側の協力を得て法案成立への道筋を探る展開となってきそうだ。

<就任後初の会談は物別れ、再会談も未定>

野田首相が小沢氏と会談するのは、昨年9月に就任して以来、初めて。会談には輿石東幹事長が同席した。

首相は消費増税関連法案の今国会での成立へ向け、小沢氏に協力を呼びかけた。これに対して小沢氏は「消費増税の前に政権としてやることがあるというのが、国民の気持ちではないか」と反論、具体的には1)中央集権の官僚支配から地域主権、地方分権の仕組みに日本の行政社会を変えること、2)年金制度大改革など社会保障のビジョンの実現、3)日本経済の再生──が成し遂げられない状況で消費税を引き上げることは納得できないとの持論を展開し、法案への賛成は得られなかった。

小沢氏は会談後、「大増税の前にやるべきことをやるのが、民主党政権の責任だ」と首相に伝えたことを明らかにした。今後については「(首相と)一致点を見出せるかはわからない」としながらも「(民主党の)代表(である首相)から呼ばれれば、行かねばならないとの認識だ」と述べ、首相から要請があれば再会談に応じる考えを示している。

しかし、野田首相は「(小沢氏が)どういう問題意識を持っているかはよくわかった」と語ったが、協力を要請するためにさらに会談を行うかとの質問には「きょうはかなり率直な天下国家の議論ができた。そのことをもう1回反すうしながらどうするか考えたい」と述べるにとどめた。

会談に同席した輿石幹事長も再会談について「必要ならやるし、必要なければやらない」との認識を示しており、再会談が実現するかは不透明だ。

これに対して自民党の石原伸晃幹事長は「予想した通り何もない。首相は本当にやる気があるのか。率直に意見交換している場合ではない」と批判している。茂木敏充政調会長も「一体改革を取るのか、小沢氏を取るのか、首相が明確に決断する問題だ」と選択を迫った。

<会期末まで3週間、しかるべき段階で与野党協議>

小沢氏の賛成を得られなかった首相だが、法案成立に向けて残された今国会の会期は3週間しかない。法案を修正する中で賛成を求めていくか、との質問に首相は「基本的には会期があるし、国会審議が進む中で、今国会中に採決しなければならないという日程感の話はした」として「基本的なそのスケジュール感のなかでどう判断するかだ」と語った。

また、賛成を得られなくても衆議院で採決をするかとの質問には「今日の段階では、率直な意見交換ができた。基本的には賛成いただきたい」と答えるにとどめた。

輿石幹事長は「時期が来れば採決することになるだろう」との見方を示し、この日の会談は党内が一致結束して採決に向かうための「第一歩だった」と指摘。「内(うち)を固めるための会談だった」と説明した。

輿石幹事長によると、会談では衆院解散は「話題にはなっていない」。野党から、野党協力を求める前に「小沢切り」だとの声があがっていることに関しても、「党内で誰が小沢元代表を切ろうと言っているのか。そのようなことが話題になるわけがない」とはねつけた。

野田首相も「できるだけ多くの同志が結束して、野党と向き合って議論して成案を得るというのが基本だ」と述べた。

しかし、前原政調会長は衆院採決について「首相から意向は聞いている。首相の意向も踏まえて、与野党協議をしっかりやっていくことが私の使命だ」と発言。採決時期に関する野田首相の考えについては明言を避けたが、「タイムスケジュール感は言われている。それに則って、しかるべき段階では、与野党協議を始めたい」と語った。

<6月半ばまでが正念場>

消費増税法案をめぐっては、ねじれ国会の下で野党の協力なしに成立は望めない状況にある。小沢元代表グループが反対に回れば、衆院でも否決される可能性がある。衆議院で否決となれば、政治生命をかけるとしている野田首相は退陣を余儀なくされるため、否決の見通しとなった段階で、造反する議員を除名して、解散に打って出る可能性もあるとされる。

ただ、民主党仙谷由人政調会長代行は30日午後のテレビ番組で「ギリシャ問題もあり、(解散を)今やったらまずいという雰囲気が強くなっている」と指摘。「消費税引き上げの是非をめぐって総選挙になるのはまずいという雰囲気が、自民党の議員も含めて強まっている」との見方を示している。

自民党などの野党は、首相が小沢氏など民主党内の反対派と決別すれば法案に協力できる、という姿勢を示している。小沢氏がたとえ消費増税関連法案の賛成に回っても、自民党などの野党が反発すれば、参議院での可決は難しくなる。逆に、小沢氏との話し合いで最後まで協力が得られず、首相が野党との協力に活路を見出そうとすれば、法案成立の芽が出てくる構図だ。

現時点では「(民主党から)協力してくれという雰囲気ではない。国会で審議していくしかない」(石原自民幹事長)というが、前原政調会長がこの日、しかるべき段階から与野党協議を開始する姿勢を明確に示したことで、野党側との協力に傾斜して法案成立への道筋を探ろうとする政権の意向が透けて見える。

6月21日の会期末まで3週間。首相が20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する前の6月半ばまでが正念場となる。

(ロイターニュース 吉川裕子、基太村真司、石田仁志;編集 田中志保)




国民は、消費税を上げて欲しくないと思っているのに、何故ここまで消費増税にこだわるのか、野田さんの脳みその構造が知りたい。それほど日本を貧困国家にしたいのか?国民を飢えさせたいのか?先ずやらなければならないことは、野田首相の給料を三分の一以下にすることですよ。まず、自ら姿勢を示せ!




人気ブログランキングへ
ご声援有難うございます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



 | HOME |  »

ようこそ私のブログへ!

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

聖徳太子

  • Author:聖徳太子
  • 安倍さんは
    とうとう消費税を

    10%にしました。

    これから国民の生活が
    だんだんと貧困になります。

    もうこれ以上売国を許しません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

人気ブログランキング入口

現在のランクキング


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
83位
アクセスランキングを見る>>

マーケット情報

放射能測定

天気予報


人気blogランキングへ

RSSフィード

リンク

FC2サイト集

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム