FC2ブログ

時代は、未来に向けて新しく動き出す。政治も新たな展開へと動き出しました。

  新時代創造・政治情報局のナビゲーター   トップページ > 2012年01月11日  

小沢氏の裁判は、実質審理終了?

2012 - 01/11 [Wed] - 23:49

小沢元代表>「記憶にない」繰り返す…実質審理終了
毎日新聞 1月11日(水)21時3分配信

 資金管理団体陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反虚偽記載)で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の第13回公判が11日、東京地裁(大善文男裁判長)であり、前日に続き被告人質問が行われた。土地購入の経緯などで裁判官が元秘書らの法廷証言との矛盾点をただしたが、元代表は「記憶にない」と繰り返した。2日間の被告人質問で実質的な審理は終了し、今後は2月に元秘書らの供述調書の採否を決め、3月に結審する見通し。

 陪席裁判官は、土地購入手続きへの関与を全否定する元代表の発言と元秘書らの証言の食い違いに着目。「『定期預金を担保に銀行融資を受ける』と元代表に報告した」という元秘書の衆院議員、石川知裕被告(38)の証言の真偽をただすと、元代表は「多分なかったと思う」と述べた。石川議員と後任の元秘書、池田光智被告(34)の2人が関連団体の収入の対前年比などを報告していたと証言したことについても「細かい報告を受けた記憶はない」と否定した。

 大善裁判長は「石川議員たちが政治状況を考慮して収支報告書への土地購入計上を翌年に遅らせたことをどう思うか」と尋ねた。元代表は「彼らは彼らなりに少しでもマイナスにならないよう、良かれと思ってやったことだと思うので、しかるたぐいのことではない」と話した。

 一方、検察官役の指定弁護士は午前の質問で、土地購入に充てたとされる元代表提供の4億円の由来を改めて追及。10日に元代表が「印税や議員報酬が含まれる」と説明したことについて、指定弁護士は4億円提供の04年当時、印税と議員報酬を管理する個人口座から億単位の引き出しがなかったと矛盾を指摘した。だが、元代表は「分からない」と述べるにとどめた。【和田武士、鈴木一生、野口由紀】




記憶に無いことで裁判をやっていたのか? アホくさ~。




人気ブログランキングへ
ご声援有難うございます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



 | HOME |  »

ようこそ私のブログへ!

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

聖徳太子

  • Author:聖徳太子
  • 安倍さんは
    とうとう消費税を

    10%にしました。

    これから国民の生活が
    だんだんと貧困になります。

    もうこれ以上売国を許しません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

人気ブログランキング入口

現在のランクキング


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
44位
アクセスランキングを見る>>

マーケット情報

放射能測定

RSSフィード

リンク

FC2サイト集

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム