FC2ブログ

時代は、未来に向けて新しく動き出す。政治も新たな展開へと動き出しました。

  新時代創造・政治情報局のナビゲーター   トップページ > 2010年11月23日  

公明党は「ゆ党」ではなく創価学会党

2010 - 11/23 [Tue] - 23:01

野党?与党? 公明の「ゆ党」体質読み切れず 補正予算「週内成立は微妙」
2010.11.23 21:09(産経ニュース)

このニュースのトピックス:国会

 菅直人首相は、柳田稔前法相の更迭を転機に、平成22年度補正予算案の早期成立に全力を挙げるが、野党側の攻勢を前に、週内の成立はなお不透明で、会期延長の可能性も出てきた。仙谷由人官房長官、馬淵澄夫国土交通相への問責決議案を補正予算案成立前に提出することに慎重な公明党の動向がカギを握る。「与党」とも「野党」とも言い切れない「ゆ党」体質を政府・与党は読めないでいる。

 自民党は仙谷氏らへの問責決議案を24日にも参院に提出する構えだ。ただ、公明党の山口那津男代表は22日、ソウルで記者団に補正予算案について「11月中に成立させるのが望ましい。予算案を人質にして問責を出すのはいかがなものか」と自民党に慎重な対応を求めており、野党側の足並みはそろっていない。

 民主党参院幹部から「野党にお願いしなくてもいい。採決できなければ批判は野党に向く」と強気の発言も出るのはそのためだ。

 公明党は衆院に提出された仙谷、馬淵両氏への不信任決議案に賛成した経過があり、補正予算案採決前に問責が提出されると難しい判断を迫られている。

 地方組織が強い公明党としては、補正予算の成立が遅れると地方議会にも影響することが懸念材料。また仙谷氏の問責決議案が可決されれば政局が流動化し、早期の衆院解散・総選挙の可能性が出る。来春の統一地方選に全力を注ぎたい公明党は衆院選は避けたいところだ。自民党が問責決議案の可決を解散・総選挙につなげようとするのかも判断できずにいる。

 野党側は採決の条件として民主党の小沢一郎元代表の国会招致や、防衛事務次官通達の撤回を求めているが、民主党は応じる構えをみせていない。民主党参院幹部は22日夜、「26日の採決もないだろう」と述べた。



公明党は、政教一致なので早く創価学会と分離してください。



人気ブログランキングへ
ご声援有難うございます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



 | HOME |  »

ようこそ私のブログへ!

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

聖徳太子

  • Author:聖徳太子
  • 安倍さんは
    とうとう消費税を

    10%にしました。

    これから国民の生活が
    だんだんと貧困になります。

    もうこれ以上売国を許しません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

人気ブログランキング入口

現在のランクキング


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
95位
アクセスランキングを見る>>

マーケット情報

放射能測定

RSSフィード

リンク

FC2サイト集

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム