FC2ブログ

時代は、未来に向けて新しく動き出す。政治も新たな展開へと動き出しました。

  新時代創造・政治情報局のナビゲーター   トップページ > 2009年12月  

山口組、一般の親子にお年玉配る

2009 - 12/30 [Wed] - 18:17

山口組、一般の親子にお年玉配る…最高3万円現金も
2009.12.30 15:46

このニュースのトピックス:暴力団・外国人犯罪
 指定暴力団山口組が、前日(28日)に神戸市灘区の総本部で開いた恒例のもちつき大会で、訪れた一般の親子らに現金を配っていたことが29日、関係者への取材で分かった。お菓子などと一緒に袋が用意され、「お年玉」の名目で最高3万円が入っていたという。もちつき大会は4時間で、例年の2倍となる約1200人が参加。仮に半数が子供だったとして、総額は単純計算で最大1800万円規模!? この大盤振る舞いに兵庫県警は神経をとがらせている。

 関係者によると、お年玉は6代目山口組、司忍(本名・篠田建市)組長=銃刀法違反罪で服役中=とナンバー2、高山清司若頭の名前が書かれた2種類のお年玉袋に入れられ、菓子などと一緒に配られた。中には最高3万円の現金が入っていたという。

 もちつき大会は、6代目山口組の恒例行事で、組員とその家族だけではなく、総本部近隣の一般市民も参加できる。28日は午前9時前から組員がもちをつき始め、午後1時ごろまで“イベント”は開催された。

 その約4時間に訪れた参加者は、例年の2倍となる約1200人で、大半は親子連れ。何人に「お年玉」が配られたかは不明だが、半数の600人が子供と仮定すれば、総額は単純計算(×3万円)で1800万円規模!? 中には「お年玉がもらえる」と聞きつけてきた中学生らしきグループもいたという。

 兵庫県警幹部は、「現金で6代目体制を認知させるのが目的。懐柔策だ」と色めき立っている。

 暴力団に詳しいジャーナリスト、溝口敦氏(67)は、「近隣住民と良好な関係をつくるために、3代目(田岡一雄組長)時代から盆踊りなどのイベントはやっていた。でも、現金を配ったという話は聞いたことがない。6代目の考えなのではないか」と分析。さらに「不況下でお金を配れば、(参加者が)喜ぶと思っているのかもしれない」とその目的を推理した。

 しかし半面、「末端組員の中には、1万円のお金にも困っている者もいる。面白く思っていない者もいるのではないか」(溝口氏)という。

 山口組は1995年1月17日に発生した阪神大震災で(当時5代目、渡辺芳則組長)、組織をあげて救援物資の調達や配布、飲料水、防寒具の確保、炊き出しなどを行ったことで知られる。その圧倒的動員力で救われた一部の被災者から「国よりも山口組のほうが頼りになる」という言葉が漏れ、自治体や警察が困惑する様子を当時の新聞などが伝えている。



山口組もいっその事、ボランティア団体でも作ればいいのに。



人気ブログランキングへ
ご声援有難うございます。

スポンサーサイト



 | HOME |  »

ようこそ私のブログへ!

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

聖徳太子

  • Author:聖徳太子
  • 安倍さんは
    とうとう消費税を

    10%にしました。

    これから国民の生活が
    だんだんと貧困になります。

    もうこれ以上売国を許しません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

人気ブログランキング入口

現在のランクキング


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
83位
アクセスランキングを見る>>

マーケット情報

放射能測定

天気予報


人気blogランキングへ

RSSフィード

リンク

FC2サイト集

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム