FC2ブログ

時代は、未来に向けて新しく動き出す。政治も新たな展開へと動き出しました。

  新時代創造・政治情報局のナビゲーター   トップページ > 医療  

致死率0・5%…新型インフルは意外に強力

2009 - 08/18 [Tue] - 10:03

致死率0・5%…新型インフルは意外に強力

インフル
 新型インフルエンザが流行した米国とカナダでの致死率は0・5%程度で、1957~58年に世界で100万人以上が亡くなった当時の新型インフルエンザ「アジア風邪」並みだったことが、オランダ・ユトレヒト大学の西浦博研究員(理論疫学)らの研究で分かった。


 新型の致死率は、これまで世界保健機関(WHO)などが今年5月の流行初期にメキシコで調べた推定値(0・4%)しかなく、医療体制の不備で高めの数字になっているという指摘もあった。医療水準の高い国でも、同様の致死率が推定されたことで、秋冬の大流行に備え、改めて注意する必要がある。米科学誌に近く発表する。

 チームは、米国とカナダで今年5、6月までに新型に感染し、遺伝子診断を受けて確定した患者数と死者数を使い、独自の手法で計算。新型の致死率は、通常の季節性インフルエンザ(0・1%)より高く、世界で100万人以上が亡くなったアジア風邪(0・5%)並みと推定された。

 国内でも15日に、新型による死者が初めて確認されたが、西浦研究員は「医療体制を充実させ、犠牲をできるだけ減らすことが大切」と話している。

(2009年8月18日03時04分 読売新聞)



このような病気は、意外と記憶が薄れたころに猛威を振るうものです。選挙に意識が奪われているときに、ジワリと病魔が襲ってくるかもしれません。これからが本格的にマスクが必要になるかも。



人気ブログランキングへ
ご声援有難うございます。

スポンサーサイト



医療費の問題は深刻である ~ 予防医学のすすめ

2009 - 07/17 [Fri] - 22:03

過去最高の34兆1000億円=08年度医療費、高齢化が要因-厚労省
7月17日19時15分配信 時事通信

 厚生労働省は17日、2008年度の医療費動向調査の結果を発表した。医療保険と公費から支払われた概算医療費は前年度比1.9%(約6200億円)増の34兆1000億円で過去最高を更新した。高齢者人口の増加が医療費を押し上げる主因となっている。
 70歳以上の高齢者医療費は同2.1%増の14兆8000億円となり、全体の43.5%を占めた。08年度から導入した後期高齢者医療制度の対象となる75歳以上では、11兆4000億円、全体の33.5%となる。 



高齢化が原因という前に、この医療費の約4兆円を健康増進事業のために投資して、医療費を15兆円以内に納める努力をしてみてはいかがでしょうか?
これからの時代は、予防医学が重要であると感じます。




人気ブログランキングへ
ご声援有難うございます。

 | HOME | 

ようこそ私のブログへ!

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

聖徳太子

  • Author:聖徳太子
  • 安倍さんは
    とうとう消費税を

    10%にしました。

    これから国民の生活が
    だんだんと貧困になります。

    もうこれ以上売国を許しません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

人気ブログランキング入口

現在のランクキング


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
90位
アクセスランキングを見る>>

マーケット情報

放射能測定

RSSフィード

リンク

FC2サイト集

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム